ソフトバンク、プラチナバンド対応のPANTONEケータイ「105SH」を9日に発売 | RBB TODAY

ソフトバンク、プラチナバンド対応のPANTONEケータイ「105SH」を9日に発売

IT・デジタル フォトレポート

「PANTONE 4 SoftBank 105SH」
  • 「PANTONE 4 SoftBank 105SH」
  • 「PANTONE 4 SoftBank 105SH」全8色
  • 「PANTONE 4 SoftBank 105SH」オレンジ
  • 「PANTONE 4 SoftBank 105SH」オレンジ
  • 「PANTONE 4 SoftBank 105SH」オレンジ
  • 「PANTONE 4 SoftBank 105SH」ビビッドピンク
  • 「PANTONE 4 SoftBank 105SH」ビビッドピンク
  • 「PANTONE 4 SoftBank 105SH」ビビッドピンク
 ソフトバンクモバイルは7日、プラチナバンド対応のケータイ「PANTONE 4 SoftBank 105SH」を9日から発売すると発表した。

 「PANTONE 4 SoftBank 105SH」は、全8色のカラーから選べるPANTONEケータイ。コンパクトボディにラウンドフォルムを採用し、同社のCMキャラクター「白戸家のお父さん」のオリジナル待受け画像や着せ替えアレンジ、時計などのコンテンツを内蔵している。アラーム音に、「お父さん」がCMで喋っているセリフを設定することも可能。

 7月25日に開始予定となっている、900MHz帯の周波数を使用した通信サービスにも対応。さらに、ワンセグ、赤外線通信など基本機能に加えて、会話を聞き取りやすくする「くっきりトーン」「スロートーク」や、文字入力中にワンタッチ起動ができる「スマートリンク辞書」など便利機能も搭載している。

 本体サイズは約50×104×17.4(最薄部15.9mm)で重さは約98g。連続通話時間はW-CDMA網では約210分、GSM網では約230分。連続待受時間はW-CDMA網では約360時間、GSM網では約300時間となっている。メインディスプレイは約2.9インチのWQVGA/TFT液晶、320万画素のCMOSカメラを搭載、カラバリはネイビー、ミントグリーン、イエロー、オレンジ、ビビッドピンク、ライトピンク、ホワイト、ブラックの8色を揃えている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top