富士ゼロックス、公文書の情報公開システム運用をクラウドサービスで提供 | RBB TODAY

富士ゼロックス、公文書の情報公開システム運用をクラウドサービスで提供

 富士ゼロックスは、インターネット上における法人文書ファイルの公開機能や検索機能をクラウドで提供する「情報公開システム運用サービス」の提供を2月から開始した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
サービスイメージ
  • サービスイメージ
  • 富士ゼロックスホームページ
 富士ゼロックスは、インターネット上における法人文書ファイルの公開機能や検索機能をクラウドで提供する「情報公開システム運用サービス」の提供を2月から開始した。

 同社が推進している、「公文書等の管理に関する法律」(通称:公文書管理法)に対応した文書管理ソリューションの一環として、国立大学法人向けに提供される。

 同サービスは、公文書管理法が求める法人文書ファイル管理簿の形式に対応しており、クラウドのメリットを活かし、法改正などに対応した最新のバージョンを常に利用できるほか、大学でのサーバー管理の手間を省き、学内消費電力も削減可能。

 また、公文書管理対応に必要な管理帳票(移管・廃棄・延長が確定した文書の管理簿など)の作成や、廃棄予定時期などの情報を明記できる背表紙印刷など、学内文書管理に便利な機能を搭載していいる。

 
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top