サンワサプライ、iPadやパソコンにデータ転送可能なハンディスキャナ2機種 | RBB TODAY

サンワサプライ、iPadやパソコンにデータ転送可能なハンディスキャナ2機種

IT・デジタル 周辺機器

「PSC-2U」
  • 「PSC-2U」
  • 「PSC-3U」
  • スキャンのイメージ
  • パソコンへの接続イメージ
 サンワサプライは11日、カラー/モノクロ対応のハンディスキャナ「PSC-2U」「PSC-3U」の販売を開始した。価格は「PSC-2U」が14,700円、「PSC-3U」が17,850円。

 「PSC-2U」は、本体サイズが幅256×高さ30×奥行き28mmで重さが約146g(バッテリ除く)、「PSC-3U」は、本体サイズが幅258×高さ30.7×奥行き32.9mmで重さが約163g(バッテリ除く)の小型・軽量ボディとなるハンディタイプのスキャナ。バッテリは乾電池で、スキャンデータはmicroSD/microSDHCカードに保存できるため、パソコン不要で持ち運び利用できる。

 データを保存したカードを差し込んだまま、USB接続でパソコンに転送できるほか、別途、アップル純正の「iPad Camera Connection Kit」を用意することで、iPad 2/iPadへスキャンデータを転送して閲覧することができる。また、スキャン画像の解像度は300/ 600dpi。色補正を行なうための「キャリブレーションシート」を装備し、スキャンした画像と元の画像の色が違う場合などに調整が可能となっている。

 さらに「PSC-2U」は、シンプルなディスプレイ表示で、カラーと解像度を選ぶだけでスキャンできるモデル。スキャンできる幅は約210cm、長さは低画質時が約120cm、高画質時が60cm。連続スキャン枚数は、カラー約100枚、モノクロ約150枚。スキャンスピードはカラーが標準時3秒/高画質時約13秒、モノクロが低画質時2秒/高画質時約6秒。バッテリは単3形乾電池×2。

 「PSC-3U」は、カラー液晶ディスプレイを搭載し、その場でプレビューすることができるモデル。画像表示の際に、最大5倍まで拡大するズーム機能を装備する。データの保存形式はJPEG/PDF。スキャンできる幅は約216mm、長さはJPEG低画質時が約127cm、高画質時が50cm。連続スキャン枚数は、カラー約100枚、モノクロ約150枚。スキャンスピードはカラーが標準時5秒/高画質時約10秒、モノクロが低画質時4秒/高画質時約8秒。バッテリは単4形乾電池×4。

 両製品の共通仕様として、対応OSはWindows 7/Vista/XP、MacOS X10.4以上。インターフェースはUSB2.0。付属品はUSBケーブル/キャリーポーチなど。
《熊谷》

関連ニュース

特集

page top