日立CM、分電盤に接続する蓄電システム「エネタス」発売 | RBB TODAY

日立CM、分電盤に接続する蓄電システム「エネタス」発売

ブロードバンド その他

蓄電システムエネタス「ESK-I03B08-A」
  • 蓄電システムエネタス「ESK-I03B08-A」
  • 「エネタス」ロゴ
  • 主な仕様
 日立コンシューマ・マーケティング(日立CM)は26日、正興電機製作所製の蓄電システムを一般家庭、小規模店舗、企業などに向けて、「エネタス」として10月下旬より発売すると発表した。日立CMでは、EV向けの充電スタンドも「エネタス」ブランドで展開中。

 「エネタス」は“エネルギーを足す(タス)”という意味の名称。蓄電システム「エネタス」(ESK-I03B08-A)は、分電盤に直接接続し、平常時にはピーク時の電力使用量を抑制し、停電時には非常用電源として、自動で電気を供給できる製品。電池は安定性のある鉛蓄電池(日立グループ会社の新神戸電機製の長寿命LL形鉛蓄電池)を採用。分電盤に接続するので、家中の電気を長時間まとめて供給できるのが特徴となっている。太陽光発電システムを自立運転へ切替えることで、発電した電気を蓄電池に充電できる。

 蓄電池の総容量は7.8kwhで、冷蔵庫・照明・テレビなど、家のなかで必要な電気製品を長時間使用することが可能。たとえば蓄電池に5kwhの電気があるときに停電した場合、エアコン(200W)、照明(100W)、冷蔵庫(200W)の合計500Wで約10時間使用できる見込みだ。

 メーカー希望小売価格は税込210万円。「エネタス」は10月4日~8日に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2011」に出展される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top