ミシェル・ウィリアムズ、マリリン・モンロー役に向けて大奮闘 | RBB TODAY

ミシェル・ウィリアムズ、マリリン・モンロー役に向けて大奮闘

エンタメ 映画・ドラマ

ミシェル・ウィリアムズ
  • ミシェル・ウィリアムズ
  • 『マイ・ウィーク・ウィズ・マリリン』
 ミシェル・ウィリアムズは、マリリン・モンロー役を演じるにあたり体重増加をした際、自分が「生まれ変わった」ように感じたそうだ。『マイ・ウィーク・ウィズ・マリリン』で伝説の女優マリリンの特徴を完璧に表現するため必死の努力をしたというミシェルだが、必要な体型の部分的変化にはかなりの時間がかかったと明かしている。「残念ながら、顔にばっかり肉がついちゃたのよ。だからある時、『私ってマリリン・モンローみたいな顔になりたいの?それとも私のお尻みたいな顔?』なんて思ったこともあったわ」「生まれ変わったような気分だったわね。自分の体を一度壊して、彼女のイメージで作り直すような感じで。彼女の歩き方や話し方、顔の向きとかまでね。私の体の記憶にはその全てが存在していなかったし、私の一部にするためには、出来るだけ多くの時間が必要だってことは分かっていたの」。

 マリリンという人物の下調べに6ヶ月間も費やしたミシェルは、マリリンの出演作や写真を見ることから、伝記や日記、古い手紙を読んだり、YouTubeで古い画像を探し出したりもしたそうで、まるで試験勉強をしている学生時代と同じようにマリリンのことに没頭したとアメリカ版ヴォーグ誌に語った。「山積みの本を横に置いてベッドに入ったものよ。彼女の映画を見ながら眠ってしまったりもしたの。それってなんだか、子供の頃に枕の下に本を入れて、寝てる間に内容が頭に吸収されていくことを願っていた時のような感じだったわ」。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top