ジュニパー、仮想環境向けセキュリティ「vGW Virtual Gateway」最新版発表 | RBB TODAY

ジュニパー、仮想環境向けセキュリティ「vGW Virtual Gateway」最新版発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

vGWアーキテクチャ
  • vGWアーキテクチャ
  • ダッシュボード画面
 ジュニパーネットワークスは5日、仮想環境向けアンチウイルス保護機能を強化した「vGW Virtual Gateway」の最新バージョン「vGW Virtual Gateway 5.0」を発表した。

 「vGW Virtual Gateway」は、仮想化環境の監視・保護機能を備え、高度なVMホスト機能も搭載した、ハイパーバイザー組み込み型の仮想化セキュリティ統合ソフトウェアとなる。最新バージョン5.0は、仮想環境下の保護機能、拡張性、コンプライアンス機能の強化に加え、仮想環境に特化したアンチウィルス保護、ハイパーバイザー・コンプライアンス・モニタリング、大規模仮想化セキュリティ管理機能など仮想環境保護のための新しい機能が追加された。モニタリング、ファイアウォール、侵入検知、またコンプライアンスのためのさまざまな機能が統合されたことで、クラウド・コンピューティングのためのUTM(universal threat management:ユニバーサル脅威管理)ソリューションを実現した製品となっている。

 「vGW Virtual Gateway 5.0」では、オンデマンド・スキャンニングを使用することで、管理者はネットワーク・リソースの利用負荷が低いオフピーク時に、VMのオフライン・スキャンニングを実行できる。さらに、セキュリティ状態が損なわれるような事態が発生した場合のアラート機能と脅威を軽減する幅広いオプションである「VMゴールド・イメージ」、すべての地域とデータセンター所在地を網羅する一元化された管理環境、1つのVMware vCenter Serverに格納されている情報を複数の個別管理が可能なvGWにセグメント化できる機能、ツリー検索機能なども提供される「vGW Virtual Gateway 5.0」は2011年第4四半期はじめに提供開始の予定
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top