【フォトレポート】クリスマスおもちゃ見本市2011 | RBB TODAY

【フォトレポート】クリスマスおもちゃ見本市2011

エンタメ フォトレポート

河田コアブロック、ハイパービークルセット 10月発売
  • 河田コアブロック、ハイパービークルセット 10月発売
  • 河田コアブロック、ハイパービークルセット 10月発売
  • トイコー・サウンドトレイン、N700系新幹線さくら
  • トイコー
  • マルカ、自衛隊10式戦車 11月発売
  • マルカ、自衛隊10式戦車 11月発売
  • 丸彰、ボーイング787。ジャンボや737もちゃんと作り分けている。787は操縦席の位置が高すぎるか。
  • セガトイズ・ホームスター、R2-D2。いったいどこの星空が投影されるのか? デススター付き。9月発売
玩具業界対象の「クリスマスおもちゃ見本市2011」が1〜2日、東京の都立産業貿易センター台東館で開催され、メーカー各社がバイヤーに向け、クリスマス商戦に備え製品をアピールした。

主催の東京玩具人形問屋協同組合によると玩具市場は、2010年度も、東日本大震災以降も、堅調に推移しているという。10年度の市場規模は6699億円で前年度比103.5%、主要10分野で104.5%だった。クリスマス商戦も楽観はできないが、期待できるという。

同組合によると現在考えられる期待商品、見本市での見所は、(1)家族の絆を深めるおもちゃ、(2)2世代型おもちゃの最新・最強バージョン、(3)スマホ型、タブレット型、タッチパネル、新技術の導入、(4)女の子の注目はやっぱり“おしゃれ”と“交換”、(5)東京スカイツリー、だという。

またバンダイ「こどもアンケート」によると、2010年のクリスマスプレゼントの平均予算額は7218円で、前年より364円増加し、2年ぶりに7000円台となった。価格帯別では3001〜5000円が46.3%で最も多い。これについては内容別で人気の「ゲームソフト」がこの価格帯にあることも影響していると見られるが、16年連続1位となった。

いっぽう2011年夏休み商戦は、前年比売上高で100〜105%となり、現在の経済環境を考えると非常に堅調だった。要因としては、(1)各分野に人気商品が生まれた、(2)節電のために夏休みが通常より長かった、(3)震災以来、家族の絆を深めることや、人とのつながり、コミュニケーションを求める傾向、あるいはイエナカ指向がつよくなっており、そうした傾向に対応したおもちゃが売れた、などを東京玩具人形問屋協同組合ではあげている。

クリスマスおもちゃ見本市2011[写真蔵]

《高木啓@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top