EMCジャパン、クラウド向けの新しいストレージ管理ソフト「EMC ProSphere」発表 | RBB TODAY

EMCジャパン、クラウド向けの新しいストレージ管理ソフト「EMC ProSphere」発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

ストレージからホスト間の性能情報を一元管理可能
  • ストレージからホスト間の性能情報を一元管理可能
  • 大規模データセンター内のエンド・ツー・エンド・ビューを参照可能
 EMCジャパンは25日、クラウド向けの新しいストレージ・リソース管理ソフトウェア「EMC ProSphere(プロスフィア)」を発表した。規模の拡大や異種混合化が進む環境を管理しつつ、仮想化とハイブリッド・クラウド・コンピューティング・モデルの統合を支援する。

 「ProSphere」は、最新のフェデレーション・アーキテクチャ(連携技術)により、複数拠点に設置されたストレージを一元的な監視、分析を可能にした製品。エージェント不要のディスカバリ(検出)機能、ポリシー管理機能の「Smart Group」などを特徴とし、EMCのストレージやVMwareの最新仮想化テクノロジーと緊密に統合されている。ほとんどのエンタープライズ環境の場合、導入からディスカバリまでを8時間以内で行うことができるという。とくに「Smart Group」機能は、類似した特徴を持つオブジェクトのグループ化を自動化し、ポリシー管理を効率化し、仮想化の進んだ環境の運用効率を大きく向上させるとのこと。

 直感的に使えるブラウザベースの新たなユーザー・インターフェイスでは、2回のクリックで全体像を表示可能。大規模な仮想化環境の複雑な関係性の理解と対応を簡素化している。またリアルタイムに近い監視と分析機能により、最新のサービス・レベルを詳細に表示することもできる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top