Google、原爆ドームの建物内の360度画像を公開……建物内部をウォークスルー可能に | RBB TODAY

Google、原爆ドームの建物内の360度画像を公開……建物内部をウォークスルー可能に

ブロードバンド その他

ドーム内側には、遺産保存のための補強工事がなされていることがわかる
  • ドーム内側には、遺産保存のための補強工事がなされていることがわかる
  • 建物内からドームを見上げることも可能
  • ガレキなどもそのままとなっている
  • 原爆ドーム内の画像
 グーグルは5日、原爆ドームの建物内の360度画像を公開した。広島市の協力により、通常では立ち入りできない建物内部の撮影・公開を行ったとのこと。

 同社は、今年3月にストリートビューのスペシャルコレクションとして、原爆ドームを公開したが、外周のみにとどまっており、建屋内部には入れなかった。今回公開された画像は、Googleストリートビュー同様に、マウス操作により建物内部に入り、360度を見回すことが可能となっている。今回の撮影は、南極、あるいは店舗内の撮影などで使用されるものと同じ技術を用い、三脚を立てて撮影したという。

 グーグルは「明日で、広島に原子爆弾が投下されてから66年です。原爆ドームの外観・内観のストリートビュー画像が、日本のみならず世界中の人々が少しでも広島について興味を持ち、原爆ドームさらには平和について考えるきっかけになることを祈っています」とのコメントを寄せている。

 Googleマップで「原爆ドーム」と検索し、検索結果から「原爆ドーム」のプレイスページを表示させ、プレイスページ右側、地図の下に表示されているサムネイル画像の上にマウスオーバーし、矢印を一度クリックすれば、建物内部のストリートビューが見られる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top