ヴイエムウェア、中堅・中小企業向けの共有ストレージ管理ソフトを発表 | RBB TODAY

ヴイエムウェア、中堅・中小企業向けの共有ストレージ管理ソフトを発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「VMware vSphere Storage Appliance」の概念図
  • 「VMware vSphere Storage Appliance」の概念図
  • インストールは数クリックで完了
 ヴイエムウェアは13日、中堅・中小企業(SMB)向けの共有ストレージ管理ソフトウェア「VMware vSphere Storage Appliance」を発表した。

 VMware vSphere Storage Applianceは、サーバの内部ストレージをストレージの共有プールへと転換することで、複雑な共有ストレージハードウェアなしで、共有ストレージ機能を利用できる。そのためVMware vSphereが提供するビジネス継続性・自動化の機能、「High Availability」、「vMotion」、「Distributed Resource Scheduler」などの機能を利用できる。ソフトのインストールも数回のクリックで行うことができるという。

 同製品の市場予想価格は74万9000円で、2011年第3四半期後半より提供予定。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top