J:COM、埼玉県所沢市に自治体向けデータ放送サービスを導入 | RBB TODAY

J:COM、埼玉県所沢市に自治体向けデータ放送サービスを導入

ブロードバンド 回線・サービス
イメージ
  • イメージ
 ジュピターテレコムは24日、J:COMチャンネル(コミュニティチャンネル)のデータ放送を活用して、自治体からのお知らせをリアルタイムに発信するサービスを埼玉県所沢市に導入すると発表した。

 データ放送は、J:COM所沢を通じて配信。緊急災害情報などを市内の約7割の地域で文字情報が一斉配信できるようになる。

 市が作成した情報は、「J:COMチャンネル」のデータ放送画面内にある行政専用ページに表示される。自治体がパソコンから自由にお知らせを入力し、すぐにデータ放送で表示できるためリアルタイムの情報提供が可能となる。提供開始は7月1日から。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top