【地震】パチンコ業界も夏へ向け節電……東電管内のホールは電力25%以上削減 | RBB TODAY

【地震】パチンコ業界も夏へ向け節電……東電管内のホールは電力25%以上削減

ブロードバンド その他

震災に伴う省エネ対策
  • 震災に伴う省エネ対策
  • 日本遊技関連事業協会のホームページ
 パチンコ・パチスロ業界の公益法人である日本遊技関連事業協会は25日、夏の電力需要ピークに向けた節電対策を発表した。その中で、東京電力管内のホールにおいて25%以上の電力削減を目指すとした。実施期間は7月1日~9月30日まで。

 実施内容としては、ホールは月3回以上(平日)の輪番休業を実施し15%を削減。さらに照明や空調について13%以上の削減を目標として、「外壁照明の終日消灯」「ネオン、看板、電光掲示板等照明の消灯」「ホール内の間接照明を使わない」「自動販売機の照明を24時間消灯」「ホール内の照明を50%間引き」「エアコンの設定温度を2度上げる」などの施策を実施するという。さらにLED照明への変更も進めていくとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top