バカリズムが新語をイメージ! 解説を店頭POPとWebで展開……大修館書店「明鏡国語辞典」 | RBB TODAY

バカリズムが新語をイメージ! 解説を店頭POPとWebで展開……大修館書店「明鏡国語辞典」

ブロードバンド ウェブ

「明鏡国語辞典第二版」特設サイトトップページ
  • 「明鏡国語辞典第二版」特設サイトトップページ
  • コンテンツ紹介ページ
  • オリジナルPOP例と掲出店舗(書店員のコメント付)「武勇伝」
  • オリジナルPOP例と掲出店舗(書店員のコメント付)「半分こ」
  • オリジナルPOP例と掲出店舗(書店員のコメント付)「加齢臭」
  • バカリズム
 大修館書店は13日、新学期のスタートに合わせ、「明鏡国語辞典第二版」の書店でのオリジナルPOP展開を開始した。あわせて特設サイトも公開した。

 「明鏡国語辞典第二版」は、基本的な語彙に加え、国語教材等に出てくる定番の語句、「イラっと」「ガチ」などの“ふだんづかい”の新語、さらに「アプリ」「インナーマッスル」など時代に即した新語・カタカナ語など、新たに4000語を強力増補しているのが特徴。今回新たに展開するオリジナルPOPは、イラストによるフリップ芸「トツギーノ」でおなじみの、お笑いタレントの「バカリズム」がイラストをつけ加えたものとなっている。この特別POPは、書店員に選ばれた新語20語を、バカリズム独自の世界観によって描いたもので、「イラストはあくまでもイメージです。僕の」とのコメントを寄せている。この特別POPは、関東エリアの有隣堂書店全20店舗での展開となる(1店舗につき1枚のイラスト)。

 あわせて開設される「明鏡国語辞典第二版」特設サイトは、各書店員の「何故この語句とイラストを選んだか」等のコメントとともに、語句に合わせて描かれたバカリズムのイラスト20点が一度に楽しめるコンテンツとなっている。「明鏡国語辞典第二版」は定価3,045円(本体2,900円)でB6変型判・1954頁+別冊96頁。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top