YouTube、動画に字幕を付ける「キャプション自動同期機能」をリリース | RBB TODAY

YouTube、動画に字幕を付ける「キャプション自動同期機能」をリリース

ブロードバンド 回線・サービス

YouTube
  • YouTube
  • キャプションのもととなるテキストの例
  • キャプション用テキストのアップロード画面
 グーグル傘下のYouTubeは24日、テキストをアップロードすることで動画に字幕を付けることができる「キャプション自動同期機能」を日本語へ対応させたと発表した。

 音声認識技術を用いることで、自動的に音声と同期し字幕にすることができる。すでに公開されている英語版では、耳の不自由なユーザーの情報入手手段として評価されているといい、東北太平洋沖地震の発生を受け、緊急時にも役に立つサービスとして開始に至ったという。また動画のキャプション操作画面から、「キャプションの翻訳」を選択すると、日本語の字幕を他言語に翻訳することができる。また動画のキャプションデータをダウンロードし、タイムコードやテキストの編集も可能。

 同機能を利用するには、YouTubeの画面右上のプルダウンメニューから「マイ動画」を選択し、表示された動画リストからキャプションを表示させる動画を選び、「キャプション」をクリック。「新しいキャプション/字幕を追加」を押した後、「音声文字変換ファイル」をクリックしてから、アップロードするテキストファイルを選択する。

 字幕のもとになるテキストは、1回改行すると字幕でも改行される。2回の改行で、次の字幕として表示される。

《RBB TODAY》

関連ニュース

page top