リリース間近の「Firefox 4」、ツイートが動植物を生み出す森「Virtual Park」公開 | RBB TODAY

リリース間近の「Firefox 4」、ツイートが動植物を生み出す森「Virtual Park」公開

ブロードバンド テクノロジー

初期段階の全景
  • 初期段階の全景
  • 俯瞰図
  • ツイートを表示したところ
  • 動物たちの写真や図鑑も用意されている
 Mozilla Japanは1日、ブラウザソフトFirefoxの最新版「Firefox 4」のリリースに先駆け、Twitterのツイートによって作り上げられていく参加型キャンペーンサイト「Virtual Park -Tumucumaque-」(バーチャルパーク・トゥムクマケ)を公開した。

 Firefoxは、メジャーバージョンアップのたびに「コードネーム」が付けられているが、その名前は世界の国立公園から選ばれている。たとえば、「Bon Echo」(Firefox 2)、「Gran Paradiso」(Firefox 3)、そして「知床」(Firefox 3.5)といった具合いだ。そして近日リリースされる予定の「Firefox 4」は、南米ブラジルの「Tumucumaque」(トゥムクマケ)国立公園がコードネームとなっている。

 今回のキャンペーンサイトでは、Firefox 4に関するさまざまなTwitterのツイートを、“情報の森”に見立てた仮想公園にちりばめることで、森を広げ、動植物を生み出すしくみが用意されているという。ツイートは、つぶやかれた内容に応じてパーク内に配置され、同じ言語や同じような話題のツイートは、近いエリアに配置される傾向にある。またバーチャルパークに表示されたツイートをクリックすると、メッセージが拡大表示され、高さが変化していく。さらにツイートの内容によっては、水や木々(緑)、アマゾンに棲むイーグルやヤモリ、蛙などが生まれる。動物たちをマウスで触ると、右上のウィンドウに写真と名前が、写真をクリックするとさらに詳しい図鑑が表示される。またキーワードによっては、数種類の動物がランダムに現れるようだ。

 参加するには、ハッシュタグ「#mozpark」を付けてFirefox 4に関することをツイートする形となる。ちなみに「Virtual Park -Tumucumaque-」は、CSS3、SVG Animation、Audio Data APIといった、Firefox 4などのモダンブラウザに導入されている最新のWeb技術を用いて開発されているとのこと。なお「Firefox 4」は、米国時間2月25日にバージョン「β12」が公開されており、今月中には最終版が完成するものとみられている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top