ニューヨーク市がマイクロソフトのクラウドサービスを導入 | RBB TODAY

ニューヨーク市がマイクロソフトのクラウドサービスを導入

エンタープライズ マイクロソフト

ニューヨーク市のトップページ
  • ニューヨーク市のトップページ
  •  
 米国ニューヨーク市は20日(現地時間)、マイクロソフトとのパートナーシップを発表した。

 ニューヨーク市は、マイクロソフトのクラウドサービスを導入し、今後5年間で5000万ドルのコスト削減を目指すとしている。今回のパートナーシップは、同市が掲げている“SimpliCity”構想の一環で、テクノロジーを活用しながら市の行政をもっと効率的にしようというもの。3万人の職員が、クラウドベースのサービスを利用する。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top