Googleストリートビュー、7大陸を制覇 | RBB TODAY

Googleストリートビュー、7大陸を制覇

ブロードバンド ウェブ

ハーフムーン島(南極大陸)のペンギンたち。右下の人型マークもペンギンになっており、芸が細かい
  • ハーフムーン島(南極大陸)のペンギンたち。右下の人型マークもペンギンになっており、芸が細かい
  • 日本からは熊本城
  • ベジャス アルテス宮殿(メキシコ、メキシコシティ)
  • ストーンヘンジ(イングランド、ウィルトシャー)
 Googleは1日、ブラジル、アイルランド、そして南極大陸をストリートビューの対象地域に追加したことを発表した。これにより、世界7大陸すべてにおいてストリートビューが利用可能になったとのこと。

 Googleマップの「ストリートビュー」は、PCから世界の街並みを見られるサービスとして、2007年5月に北米5都市を対象にスタート。日本では2008年8月にサービスが始まった。

 Googleは「今回、ストリートビューの対象地域が拡大されたことで、アイルランドやブラジルの現地の方をはじめ、南極のペンギンたちが迷わずに近くの行きたい場所に行けたり、世界中の方がこの地域について、よりよく知るための一助となれればと思っています」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top