キヤノン、世界初をうたう光学35倍ズーム搭載のレンズ一体型デジタルカメラ | RBB TODAY

キヤノン、世界初をうたう光学35倍ズーム搭載のレンズ一体型デジタルカメラ

IT・デジタル デジカメ
光学35倍ズームを搭載した「PowerShot SX30 IS」
  • 光学35倍ズームを搭載した「PowerShot SX30 IS」
  • 光学35倍ズームを搭載した「PowerShot SX30 IS」
  • 光学35倍ズームを搭載した「PowerShot SX30 IS」
 キヤノンは、広角24mm~望遠840mm(35mm判換算)に対応する光学35倍ズームを搭載した「PowerShot SX30 IS」を発表。10月上旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は55,000円前後。

 同製品は、2009年8月発売の「PowerShot SX20 IS」の後継機で、超ロングとなる光学35倍ズームを搭載。この35倍ズームレンズ搭載は、2010年9月8日時点で、レンズ一体型のデジタルカメラとしては世界初をうたう。

 高倍率の望遠領域において発生しやすい色収差を補正する「Hi-UD(Hi-index UD)」レンズとUDレンズを採用。また高精度な手ブレ検出機能を備え、約8,000回/秒の信号処理によって、シャッタースピード換算で最大約4.5段分の手ブレ補正効果を実現したという。

 「USM(Ultra Sonic Motor)」による高速で静かなズーミングと、「VCM(Voice Coil Motor)」による高精度なフォーカス制御を両立。動画撮影は1,280×720ピクセルのHD動画(30コマ/秒、保存形式はMOV)まで対応し、静止画撮影中でも素早く動画撮影切り替えが行なえる「ムービーボタン」を装備した。そのほか、歩行撮影時の手ブレを抑制する光学手ブレ補正機能や、ジオラマ風動画撮影機能、撮影シーンを判別して最適な設定と画像処理を自動で行なう「こだわりムービー」機能などを設けた。

 撮像素子は総画素数約1,450万画素1/2.3型CCDセンサーで、有効画素数は約1,410万画素。F値はF2.7~F5.8。液晶は2.7型で、撮影の自由度が高いバリアングル式を採用した。静止画保存形式はJPEG、外部対応メディアはSD/SDHC/SDXC/MMC。インターフェースはAV/USB2.0/HDMIミニ。本体サイズは幅122.9×高さ92.4×奥行き107.7mm、重さは約601g(バッテリ、メモリーカード含む)。
《小口》

関連ニュース

特集

page top