オリンパス、シーンに合わせた録音設定が可能な薄さ11mmの薄型ICレコーダー | RBB TODAY

オリンパス、シーンに合わせた録音設定が可能な薄さ11mmの薄型ICレコーダー

 オリンパスイメージングは27日、ICレコーダー「Voice-Trek(ボイストレック)」の新製品として、PCとケーブルレスでUSB接続できる薄型モデルで、シーンに合わせた録音設定が可能な「V」シリーズの3製品を発表。8月下旬から発売する。

IT・デジタル その他
「Voice-Trek V-85」ブラック
  • 「Voice-Trek V-85」ブラック
  • 「Voice-Trek V-85」ゴールド
  • 「Voice-Trek V-75」グレー
  • 「Voice-Trek V-75」ブルー
  • 「Voice-Trek V-75」ピンク
  • 「Voice-Trek V-65」ライトシルバー
 オリンパスイメージングは27日、ICレコーダー「Voice-Trek(ボイストレック)」の新製品として、PCとケーブルレスでUSB接続できる薄型モデルで、シーンに合わせた録音設定が可能な「V」シリーズの3製品を発表。8月下旬から発売する。

 価格はオープンで、3製品のラインアップと予想実売価格、本体カラーは、内蔵フラッシュメモリの容量が8GBの「V-85」は15,000円前後でブラック/ゴールド、同4GBの「V-75」は13,000円前後でグレー/ブルー/ピンク、同2GBの「V-65」は10,000円前後でライトシルバー。

 Vシリーズは、USB端子を装備しPCとケーブルレスでダイレクトに接続できるICレコーダー。薄さ11mmの薄型ボディながら、従来品との比較で液晶表示エリアが約30%拡大して視認性を向上。前面中央部にまとめて配置したボタンは約40%大きくし、操作性を高めた。

 また、「録音シーンセレクト」機能を新たに搭載。「口述」/「商談」/「会議」/「講義」の4種類のモードを用意するほか、ユーザーの好みに応じて3通りのモード設定が可能。録音シーンに合わせて最適な録音設定を選択できる。

 そのほかの特長として、録音/再生フォーマットはMP3/WMAに加え、V-85/V-75はリニアPCM(44.1kHz/16ビット)に対応。USBバスパワーによる充電が可能で、microSDメモリーカードスロットを搭載する。

 さらにV-85は、指向性マイクモードを装備しており、内蔵ステレオマイクでワイド側3段階、ズーム側6段階の集音範囲の切り替えが可能。また、FMラジオチューナーを備え、FMラジオを聴くことはもちろん録音も行なえる。

 内蔵フラッシュメモリへの記録時間は、V-85がリニアPCMモードで最大約12時間30分、MP3モードで最大約138時間、WMAモードで最大約2,122時間。V-75がリニアPCMモードで最大約6時間10分、MP3モードで最大約69時間、WMAモードで最大約1,058時間。V-65がMP3モードで最大約22時間、WMAモードで最大約529時間。

 3製品共通の仕様として、対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.4.11~10.6。バッテリは単4形乾電池。本体サイズは幅40×高さ98.5×奥行き11mm(最大突起部含まず)、重さは51g(バッテリ含む)。付属品はステレオイヤホンなど。V-85/V-75はさらにUSB延長ケーブル/ソフトケース。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top