スマートフォンユーザー数は急成長だが、ビジネス利用は限定的――IDC調べ | RBB TODAY

スマートフォンユーザー数は急成長だが、ビジネス利用は限定的――IDC調べ

IT・デジタル モバイル

国内ビジネスモビリティPC市場 企業規模別ユーザー数の予測、2009年~2014年
  • 国内ビジネスモビリティPC市場 企業規模別ユーザー数の予測、2009年~2014年
 IDCジャパンは2日、「国内ビジネスモビリティの市場予測」を発表した。同調査では、ビジネス用途で社外でPCを利用しているユーザー(以下、ビジネスモビリティPCユーザー)の割合や、法人・個人を合わせたスマートフォンの普及率などについて触れている。

 それによると、ビジネスモビリティPCユーザーは、2009年時点で414万人おり、全法人PCユーザーの12%、全法人ポータブルPCユーザーの23%となった。

 またIDCは、「ビジネスモビリティ」の定義を「PC、携帯電話、スマートフォンなどを利用し、社外で必要なデータやアプリケーションにアクセスでき、あたかも自席のように仕事ができること」としたうえで、ビジネスモビリティを望むユーザーは多いと述べた。2009年~2014年のビジネスモビリティPCユーザー数が年間平均で7.8%成長し、2014年には602万人に達すると予想している。同社は成長の要因として、「データ通信カードの普及」「デスクトップPCからポータブルPCへの移行」などを挙げるとともに、成長の阻害要因として「セキュリティの制約」「スマートフォンなどの競合製品の普及」「LTEインフラの整備遅延」などを挙げている。

 一方法人・個人利用を合わせたスマートフォン市場は、2009年時点で前年比3倍の204万人で、全携帯電話加入者の2%。機種別ではiPhoneが最も多いものの、今後はAndroid端末が主流になる可能性が高いとしている。同社は2014年までにスマートフォンユーザーは1,500万人まで伸び、全携帯電話加入者の12%を占めると予測している。ただし、オープンプラットフォーム環境の整備や、開発環境が改善されない限り、ビジネス市場への普及は限定的で、全スマートフォン市場の5%程度にとどまると述べている。

 これについてIDCは、「ビジネスモビリティ市場では、PCに比べ、スマートフォンの利用率は低い。今後スマートフォンの法人市場が拡大するためには、(1)LTEインフラ整備のための積極的な投資、(2)スマートフォン端末ラインアップの強化、(3)オープンアプリケーション向け開発環境の整備が必須である」とコメントしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top