アドビ、Dreamweaver CS5でHTML5をサポート ~ 「Adobe HTML5 Pack」を提供開始 | RBB TODAY

アドビ、Dreamweaver CS5でHTML5をサポート ~ 「Adobe HTML5 Pack」を提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Adobe Dreamweaver CS5」パッケージ
  • 「Adobe Dreamweaver CS5」パッケージ
  • 「Adobe HTML5 Pack」ダウンロードサイト(画像)
 米アドビは20日、開催中の「Google I/O」カンファレンスにおいて、Webデザイナーと開発者向けに「Adobe HTML5 Pack」の提供開始を発表した。開発者向けサイト「Adobe Labs」から無償ダウンロードが可能となっている。

 「Adobe HTML5 Pack」は、HTMLオーサリングツール「Adobe Dreamweaver CS5」の拡張機能。Adobe Max 2009においてプレビュー公開され、開発者をはじめとするユーザーから非常に好意的な反響を得たという。

 「Adobe HTML5 Pack」には、HTML5とCSS3の各種機能向けの新たなコードヒントが採用されており、Dreamweaver CS5(Adobe Creative Suite 5)のユーザーは、HTML5用の最新タグを簡単に活用できる。また、WebKitエンジンもアップデートされ、Dreamweaver CS5のライブビューでの動画と音声の再生に対応した。最新のCSS3機能によって、ユーザーは、さまざまなブラウザや端末でのレンダリング状況をプレビューし、さまざまなディスプレイに対応するWebページを簡単にデザインできるとのこと。さらに、HTML5 Packでは、Dreamweaver CS5の「新規ドキュメントの作成」ダイアログボックスで、HTML5のスターターレイアウトを利用できるため、ユーザーとしては、新たなWeb規格の最新機能を活用したデザインと開発に要する期間を短縮できるという。

 アドビ システムズ社のクリエイティブ ソリューションズ担当シニアディレクターのリー ヒックマン氏は、「アドビ システムズ社は、業界の流れを決定付けるツールを提供し、もっとも人気が高いWebプログラミング言語、フォーマット、API、ライブラリへの互換性を実現することを誇りとしています。当社は引き続き、HTMLに関する最先端の作業のサポートに取り組むことで、最新のHTML機能を活用したクリエイティブコンテンツの提供を通してユーザーの皆さんを支援していきます」とのコメントを寄せている。なおCreative Suite 5は5月28日発売の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top