ガンダム携帯第2弾予約開始!――充電台に完全オリジナルのガンダムプラモデル | RBB TODAY

ガンダム携帯第2弾予約開始!――充電台に完全オリジナルのガンダムプラモデル

IT・デジタル モバイル

(左)会場に設置されたガンダムの模型
  • (左)会場に設置されたガンダムの模型
  • 「945SH G」の充電台に設置されたガンプラ
  • 「945SH G」の充電台に設置されたガンプラ
  • 「945SH G」
  • ガンダム携帯「945SH G」。カメラのレンズ周りがビームライフルのデザインになっている
  • シールでカスタマイズされた「945SH G」
  • 「945SH G」の充電台に設置されたガンプラ
  • ガンプラは細部までつくりこまれたデザイン
 18日のソフトバンクの新製品発表会では、発表された14機種に加え、ガンプラ誕生30周年を記念してつくられたガンダムケータイの第2弾 、ガンプラ30thプレミアムモデル「945SH G」が紹介された。ステージ上にはガンダム芸人の土田晃之さんと、ガンダムの主人公アムロ・レイのモノマネ芸人、若井おさむさんが登場した。

 「945SH G」は2007年に発売されたガンダム携帯「913SH G」に続く第2弾。第1弾では充電器がシャア専用ザクの頭部となっていたが、続く第2弾の充電器は、充電台の上に全長180mmのガンダムの全身のプラモデルが設置されている。ガンダムのプラモデルはメタルインフレームを採用した完全オリジナルとなっているという。このガンプラは可動域が広いためポージングもつくることができる。

 またガンダム携帯を手に取った若井さんは「ケータイに地球連邦軍のマークがあったり、ガンダムのマークがあったりして、アンテナの部分がビームサーベルになってますよ!」と興奮した様子だった。またガンダム携帯はシールを貼ってデザインをカスタマイズできる。

 土田さんは「ガンプラだけじゃなくて、携帯電話としての性能も高いんです。防水ハイビジョン動画機能がついていてツイッターにも対応しています」とアピールした。

 「ガンダム携帯はいくつ用意しているんですか?」という若井さんの質問に、孫社長は「それは言っちゃいけないことになっているんです。でも大体ウン万台です。」とコメントした。土田さんは「前回のモデルもプレミアがついていますからね。これは買ったほうが良いですよ」と語った。

 ガンダムケータイの第2弾「945SH G」は、19日からソフトバンクの店頭とオンラインショップにて予約が開始される。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top