富士通、高信頼な共通クラウド・プラットフォームを全世界に展開開始 | RBB TODAY

富士通、高信頼な共通クラウド・プラットフォームを全世界に展開開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

 富士通グループは22日、グローバルクラウド戦略に基づき、クラウド・プラットフォームのグローバル展開を開始することを発表した。

 本プラットフォームを活用したサービスを、2010年10月より日本にて商用サービスとして提供開始するのを皮切りに、まずは2010年度に順次、オーストラリア、シンガポール、米国、英国、欧州大陸へと展開する。

 富士通グループでは、これまで世界各地域でローカル市場にあわせたIaaSを提供していたが、今回グローバル展開するクラウド・プラットフォームは、世界共通の標準化されたプラットフォームで、ローカル市場のみならず、グローバルレベルで同社グループのIaaSを強化する基盤となるとのこと。

 富士通グループでは、グローバル共通のクラウド戦略を策定しており、適用分野を「ICTインフラ」「アプリケーション」「ビジネスプロセス」「ビジネスプロセスマーケットプレイス」の4つとしている。「ICTインフラ」「アプリケーション」は、従来より提供してきたIaaSおよびSaaSの分野だが、一方で「ビジネスプロセス」「ビジネスプロセスマーケットプレイス」は、顧客業務をクラウドサービスとして提供することに加え、業務ノウハウやデータを新たなビジネスサービスとして提供していく分野だとしている。今回グローバル展開を開始するクラウド・プラットフォームは、「ICTインフラ」分野に対応するオファリングの基盤となるという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top