上海万博開幕まで残すところ1か月、現地は今? | RBB TODAY

上海万博開幕まで残すところ1か月、現地は今?

ブロードバンド その他
上海万博のマスコットの「海宝(ハイバオ)」。名前の由来は中国語で「世界の宝」を意味する「四海之宝」
  • 上海万博のマスコットの「海宝(ハイバオ)」。名前の由来は中国語で「世界の宝」を意味する「四海之宝」
  • 目を引く中国館と日本館
  • 中国
  • 中国
  • マカオ
  • 日本
  • 韓国
  • ロシア
 開幕まで1か月となった上海万博。日本の旅行会社でも、上海万博入場券付きのツアーの販売が開始されている。会場の準備はどうなっているのか? 開幕前の会場を視察してきた。

 「2010年上海万博」のテーマは「より良い都市、より良い生活」。上海市中心黄浦江両岸、南浦大橋と盧浦大橋間の濱江地区を会場に、2010年5月1日〜10月31日の184日間にわたり、242の国と国際組織の参加という万博史上最大規模で開催される。来場者数も過去最多で、上海市の常住人口(1,815万人:上海市統計局ホームページより)の4倍近い約7,000万人を見込んでいるということだが、中国国内では1億人との発表もあり、そのスケールの大きさをうかがわせる。このうち日本からは、100万人の送客が期待されているという。

 事務局のある万博ビルの屋上より会場を見下ろすと、8か所ある入口のうち、メイン入場口近く(写真左端)にそびえる、高さが69メートルの赤い中国館が目を引く。もちろん、本万博で最大の建造物だ。視線を右に向けると波打つ屋根の向こうに、紫色の日本館がユニークな姿を見せる。こちらは中国国内での愛称募集で、3,588通の応募により「紫蚕島」(日本語の通称はかいこじま)とネーミングされている。

 さて、1月の時点で、会場内の建設工事は9割が完了したと公式発表されたが、それから2か月以上経過した今の様子を、印象的なパビリオンの写真で紹介しよう。中国館については、外観はほぼ完成していると言えそうだが、そのほかについてはご覧のとおりだ。現地の方の話によると「あと1か月で、おそらく完成するだろう」とのことであった。

 上海万博ではホテル不足が問題視されているが、会場内のレストランやトイレの数にも不安があるようだ。なお、会場内への飲食物の持ち込みは禁止されているが、レストランのほか、コンビニやテイクアウト店なども準備されているという。

協力:杭州市旅游委員会・ANA全日空
《編集部》

関連ニュース

特集

page top