オリンパス、光学30倍ズームや10m防水デジカメなど——HD動画に対応 | RBB TODAY

オリンパス、光学30倍ズームや10m防水デジカメなど——HD動画に対応

IT・デジタル デジカメ

「SP-800UZ」
  • 「SP-800UZ」
  • 「SP-800UZ」
  • 「SP-600UZ」
  • 「SP-600UZ」
  • 「μ TOUGH-8010」
  • 「μ TOUGH-8010」
  • 「μ TOUGH-6020」(ブルー)
  • 「μ TOUGH-6020」(ピンク)
 オリンパスイメージングは2日、デジタルカメラの新製品として光学30倍ズームの「SP-800UZ」、光学15倍ズームの「SP-600UZ」を発表。SP-800UZを3月から、SP-600UZを2月下旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格はSP-800UZが50,000円前後、SP-600UZが30,000円前後。

 両製品ともにロングズームを搭載し、ハイビジョン動画(1,280×720ピクセル、MPEG-4 AVC / H.264形式)撮影対応のレンズ一体型デジタルカメラの上級機。有効画素数はSP-800UZが1,400万画素、SP-600UZが1,200万画素。焦点距離は35mm判換算で、SP-800UZが28〜840mm、SP-600UZが28〜420mm。コンパクトなボディながら、デジタル一眼レフカメラの代替としての需要も見込んでいる。

 SP-800UZは2GB、SP-600UZは1GBのフラッシュメモリを内蔵。新たな画像管理ソフト[ib]を用いて、PCへの取り込み・保存・管理などが容易になったとうたう。外部対応メディアはSD/SDHCカード(最大32GB)で、装着時にはデータ保存先を内蔵メモリ/外部メモリから選択可能。動画はムービー撮影専用ボタンによりワンタッチで行なえる。

 そのほか共通の特長として、ピント合わせ・露出管理の「フェイス&バックコントロール」、さまざまな撮影状況に対応する「シーンモード」、画像処理効果の「マジックフィルター」、「カメラ内パノラマ合成」などの機能を搭載した。手ブレ補正はCCDシフトと高感度撮影の「DUAL IS」により行なう。

 液晶ディスプレイはSP-800UZが3型、SP-600UZが2.7型。開放F値はSP-800UZがF2.8〜F5.6、SP-600UZがF3.5〜F5.4。デジタルズームはそれぞれ5倍。撮像素子は1/2.33型CCDを搭載した。インターフェースはそれぞれHDMI/USB/AV。SP-800UZの本体サイズは幅107.3×高さ73.4×奥行き84.7mm、重さは418g。SP-600UZの本体サイズは幅109.9×高さ72.2×奥行き75.1mm、重さは433g。

 また、タフ性能で定評のあるコンパクトデジタルカメラ「μTough シリーズ」の新製品として、「μ TOUGH-8010」、「μ TOUGH-6020」を発表。それぞれ2月下旬から発売する。予想実売価格はμ TOUGH-8010が40,000円台後半、μ TOUGH-6020が30,000円台後半。μ TOUGH-6020はブルー、ピンク、グリーンの3色展開となる。

 μ TOUGH-8010は、10m防水、2mからの耐落下衝撃機能、-10度の耐低温、100kgfの耐荷重といったタフ性能を擁する。また、バッテリふた部分にダブルロック機構と、防水性をさらに高めるダブルシーリングを採用し、従来以上に防水性能を強化した。μ TOUGH-6020のタフ性能は、5m防水、1.5mからの耐落下衝撃機能、-10度の耐低温となっている。両モデルともに光学5倍ズーム(焦点距離は35mm判換算で28〜140mm)を搭載し、ハイビジョン動画(1,280×720ピクセル、MPEG-4 AVC / H.264形式)撮影に対応する。手ブレ補正はCCDシフト方式と高感度撮影の「DUAL IS」によるダブル補正で行なう。

 「フェイス&バックコントロール」や「シーンモード」などに加え、防水カメラならではの「水中シーンモード」を搭載。水中ワイドや水中マクロなどが選択できる。おもな共通仕様は有効画素数が1,400万画素、撮像素子が1/2.33型CCD、開放F値がF3.9〜F5.9、デジタルズームが5倍。液晶ディスプレイは2.7型で、内蔵メモリは2GB。外部メディアはSD/SDHCカード(最大32GBまで)に対応する。インターフェースはHDMI/USB/AV。μ TOUGH-8010の本体サイズは幅98.3×高さ63.6×奥行き23.9mm、重さは215g。μ TOUGH-6020の本体サイズは幅96.7×高さ64.4×奥行き25.8mm、重さは178g。
《小口》

関連ニュース

特集

page top