手に吸いつくようなフィット感「iSkin solo FX」を堪能してみた | RBB TODAY

手に吸いつくようなフィット感「iSkin solo FX」を堪能してみた

IT・デジタル モバイル

「iSkin solo FX」を装着
  • 「iSkin solo FX」を装着
  • 表面も保護するケースデザイン
  • 半透明素材のためアップルロゴマークもバッチリ見える
  • 使い勝手も犠牲にしないケースデザイン
  • 使い勝手も犠牲にしないケースデザイン
  • iSkin soloシリーズのバリエーション
 iSkin「iSkin solo FX」は、手に吸いつくようなフィット感で光沢と波紋のデザインパターンが美しい、iPhone 3G/3GS用のソフトケースだ。

 シリコン製のケースは、複数メーカから数多く出回っている。材質の差に多少差があったり、ストラップホールなどの工夫が見受けられたりといった微妙な部分で差異はあるのだが、特に取り上げるほどの魅力があるケースはなかなか見あたらなかった。そんななか、今回取り上げる「iSkin solo FX」も同様、シリコン製ではないが一見すると、ほかのケースのようにシンプルな保護ケースなのだ。

 なんといっても、特筆すべきはその“手ざわり”だろう。手に持った瞬間から吸いつくような独特の手ざわりは、うっかり手が滑ってiPhoneを取り落としてしまうという状況などもはや考えられないほどの安定感につながっている。それに加え、背面に波紋をイメージしたようなデザインが施されており、オシャレさも感じさせる仕上がりだ。また、シリコンケースの弱点として、ポケットの中に入れておくとホコリだらけになってしまうようなイメージがつきまとう。しかし「iSkin solo FX」は、表面がなめらかに加工してあるため、ホコリがつきにくくなっているだけでなく、汚れを簡単に落とせそうなところがうれしい。

 iSkin soloシリーズは、模様なしの「iSkin solo」をはじめ、今回紹介した「iSkin solo FX」、より光沢感を増したスペシャルエディション「iSkin solo FX SE」の3種類があり、それぞれにカラーバリエーションがある。パッケージにはミラースクリーンフィルムが付属しており、画面の保護だけでなく総合的なデザインの美しさの演出にも一役買っているだろう。

 実売3,000〜4,000円という価格は、正直なところほかのシリコンケースより割高に感じるが、手に取って本製品だけがもつ独特の手ざわりやフィット感を確認すれば、妥当な価格だと納得できるだろう。(iPod Style 戸津)
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top