ワコム、「PenViewer for DocuWorks」を販売開始 〜 高機能な手書き実現 | RBB TODAY

ワコム、「PenViewer for DocuWorks」を販売開始 〜 高機能な手書き実現

エンタープライズ モバイルBIZ

「PenViewer for DocuWorks」導入前と後のイメージ
  • 「PenViewer for DocuWorks」導入前と後のイメージ
  • 操作が分かりやすい画面構成
  • 直感的に書ける、消せる、やり直し操作が可能
 ワコムは17日、「PDFに手書き」に続くドキュメントソリューションの第二弾としてDocuWorks文書に、直感的に手書きで書き込むことを可能にするアドオンソフトウェア「PenViewer for DocuWorks」の販売を開始した。

 「PenViewer for DocuWorks」は富士ゼロックスのドキュメント管理・活用ソフトウェア「DocuWorks」(6.0以降)に、高機能な手書きによる書き込み編集機能を付加するもの。DocuWorksは、オフィス文書やイメージファイルなどさまざまな形式の電子文書、および紙文書を「DocuWorks文書」として一元管理できるドキュメント管理・活用ソフトウェアで、すでに発売以来100万ライセンス以上の販売実績がある。

 「PenViewer for DocuWorks」は、DocuWorks文書上で、直感的で高機能な手書きの書き込み(アノテーション)を行うことができる機能を付加する。その際、滑らかで細かい線を書き込むことや、消したい部分のみを消すことが可能になる。液晶ペンタブレットを使用すれば、あたかも紙にペンで書き込むのと同様の感覚で、自然な作業を行うことができるという。操作画面には、大きめのメニューボタンを配置し、シンボルで機能がわかるようになっている。書き込みを施したドキュメントは、無償で配布される閲覧用ソフトである「DocuWorks Viewer Light」から閲覧できる他、DocuWorksに同梱されたアドオンソフトウェアの機能によりPDFに変換して配布することも可能。価格は1ライセンスあたり50,000円(税抜)。サポートは開発元である有限会社プラスソフトが行う。動作環境はWindows 7/Vista/XP。対応ペンタブレットはワコム製ペンタブレット全機種で、推奨ペンタブレットはワコム製液晶ペンタブレットとなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top