PCの鍵代わり、USBポートに接続しなければPCを操作できなくなるセキュリティツール | RBB TODAY

PCの鍵代わり、USBポートに接続しなければPCを操作できなくなるセキュリティツール

IT・デジタル ノートPC
U-CLEFIII
  • U-CLEFIII
  • パッケージ
 プリンストンテクノロジーは11日、USBポートに差し込むだけでPC操作のキー(鍵)の役割を果たすセキュリティツール「U-CLEFIII」(型番:PUS-UCL3)を発表。3月下旬より販売する。価格はオープンで、予想実売価格は5,480円。

 同製品はPCのUSBポートに接続することで、PCのデータ漏洩防止機能を果たすセキュリティツール。USBポートにいったん差し込むと、その後、引き抜いた場合に自動でPCがロック。スクリーンセーバー画面が表示され、キーボードとマウス操作が無効になる。再度、同製品を差し込まなければPCを使用することができないため、第三者が無断でPCを操作することを防止する。設定は、付属のCD-ROMからプログラムをインストールし、パスワードを設定するだけでよい。

 同製品がPCに接続されていない場合、任意のファイルやフォルダを見たり、アクセスしたりできないようにする秘密フォルダ機能を装備。また、自動ログオンを設定すると、同製品を差し込んだ際に事前に設定したアカウントでWindowsにログオン。逆に同製品を接続していないログオフの状態でPCを使用できない仕組みとなっている。

 おもな仕様として、対応OSはWindows Vista SP1(32ビット版)/XP SP3(32ビット版)、インターフェースがUSB2.0。本体サイズは幅17×高さ9×奥行き54mm、重さは12g。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top