チャットやビデオ会議などに役立つ補完ソフトが充実したwebカメラ「Live! Cam」シリーズ | RBB TODAY

チャットやビデオ会議などに役立つ補完ソフトが充実したwebカメラ「Live! Cam」シリーズ

IT・デジタル ノートPC

Creative Live! Cam Optia AF(LC-OAF-SE)
  • Creative Live! Cam Optia AF(LC-OAF-SE)
  • Creative Live! Cam Optia Pro(LC-OPP-SE)
  • Creative Live! Cam Notebook Ultra(LC-NBU-SE)
  • スペック表
 クリエイティブメディアは10日、マイク内蔵のwebカメラ「Creative Live! Cam」シリーズの新製品として、デスクトップPC向け「Optia AF」(LC-OAF-SE)と「Optia Pro」(LC-OPP-SE)、ノートPC向け「Notebook Ultra」(LC-NBU-SE)を直販限定で発表。価格はオープン。

 Optia AFは、200万画素CMOSセンサーとオートフォーカスレンズを搭載。高解像度ビデオを鮮明に録画できる。ノイズキャンセルを行なうステレオアレイマイクを内蔵。映像キャプチャは最大1,600×1,200ピクセル(5フレーム/秒)、静止画キャプチャーは最大3,200×2,400ピクセル(ソフトウェア補完時)に対応する。本体サイズは幅58×高さ79×奥行き57mm(スタンド含む/スタンド折りたたみ平置き時)、重さは127g(スタンド/USBケーブル含む)。12月10日より販売。直販価格は5,980円。

 Optia Proは、130万画素CMOSセンサーとワイドアングルレンズを搭載。クリアな音声を取り込むモノラルノイズキャンセルマイクを内蔵。映像キャプチャは最大1,280×1,024ピクセル(9フレーム/秒)、静止画キャプチャーは最大2,560×1,920ピクセル(ソフトウェア補完時)に対応する。本体サイズは幅58×高さ79×奥行き57mm(スタンド含む/スタンド折りたたみ平置き時)、重さは124g(スタンド/USBケーブル含む)。12月10日より販売。直販価格は4,980円。

 Notebook Ultraは、130万画素CMOSセンサーを搭載。フォーカスはパンフォーカスで、内蔵マイクはステレオ。映像キャプチャは最大1,280×1,024ピクセル(7.5フレーム/秒)、静止画キャプチャーは最大2,560×1,920ピクセル(ソフトウェア補完時)に対応する。本体サイズは幅39×高さ76×奥行き26mm(クリップ含む/非クリップ時)、重さは46g(スタンド/USBケーブル含む)。12月10日より予約を開始し、12月中旬より出荷。直販価格は5,480円。

 そのほかの仕様として、3製品とも、対応OSはWindows Vista/XP、USBビジネスクラスをサポート。Optia AF/Proは上下270度/左右30度可動、Notebook Ultraは上下240度可動のスイベルボディ。

 また今回は、補完ソフト「Live! Central」をリニューアル。顔に合わせて明るさを最適にするフェイスブライトナーや、肌色をソフトに美しく映し出すソフトスキン、好みの肌トーンを選択可能なカラートーン、低光量下での動きのブレを除去するアンチモーションブラーといった、さまざまな補正機能を搭載。フェイスエフェクトやアバターなどのビジュアルエフェクトやボイスエフェクトをリアルタイムに付け加えることができる。また、ビデオチャット中の自画像の代わりに静止画像をインポーズできるMediaShow機能を新たに装備。チャット相手に写真のスライドショーを見せる、あるいは説明資料を表示させてビデオ会議するといった使い方が可能だという。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top