アイ・オー、PC用地デジ放送対応テレビキャプチャーボード2モデル——CPU負荷低減モード搭載 | RBB TODAY

アイ・オー、PC用地デジ放送対応テレビキャプチャーボード2モデル——CPU負荷低減モード搭載

IT・デジタル ノートPC

GV-MVP/HS2
  • GV-MVP/HS2
  • GV-MVP/HX2
 アイ・オー・データ機器は3日、デスクトップPCに接続して地上デジタル放送を楽しめるテレビキャプチャーボードの新製品として、PCI Expressモデル「GV-MVP/HS2」とPCIモデル「GV-MVP/HX2」を発表。12月中旬に発売する。価格はともに15,700円。

 両製品は、2008年5月に発売した地デジ対応テレビキャプチャーボード「GV-MVP/HS」と6月に発売した「GV-MVP/HX」の後継モデル。PCに増設することで地上デジタル放送をハイビジョン画質のまま視聴・録画すでき、録画した地デジ番組を編集してBlu-ray DiscドライブやDVDドライブにダビングできる。最大1,920×1,080のフルHD解像度での録画に対応。MPEGデコード処理を最適化することで、ハイビジョン本来のクリアでシャープな映像を再現するという「Super Live Creationエンジン」を搭載する。また、約125mmというコンパクト設計の地デジチューナー基板を採用するほか、地デジチューナー基板とB-CASカード基板を1スロットに収めており、スロットの空きが少ないPCや、筐体内部のスペースが狭いPCなどへの増設に配慮している。

 新たに追加された機能として、地デジ放送の解像度を下げて圧縮するなどの映像劣化をともなう低負荷処理を行わず、ハイビジョン映像のままでCPU負荷を低減する「Netbookモード」を搭載。そのほか、外出先から自宅PCに遠隔予約できる「どこでもmAgicTV予約」、録画中番組の「追っかけ再生」、フル画面以外のサイズでもウィンドウ枠を表示せずに番組のみをシンプルに表示する「画面のみ表示」、観たいシーンからすぐに再生できる「チャプター機能」などを備える。さらに、2008年12月下旬公開予定の最新サポートソフトをダウンロードすることで、録画した番組のお気に入りのシーンをピックアップしたり、CMカットしたりなどの結合や削除を行ってからオリジナルのBD/DVDを作成できるようになる。

 対応OSはWindows Vista/XP。GV-MVP/HS2の本体サイズは幅125×高さ95.3×奥行き14mmで、重さは90g。GV-MVP/HX2の本体サイズは幅140×高さ90.8×奥行き14mmで、重さは97g。ともに地上デジタル放送専用B-CASカードなどが付属する。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top