サイズ、絹のような質感のシルキータッチのキーボード2シリーズ | RBB TODAY

サイズ、絹のような質感のシルキータッチのキーボード2シリーズ

IT・デジタル ノートPC

G80-3600LYCシリーズ ブラック 日本語配列モデル
  • G80-3600LYCシリーズ ブラック 日本語配列モデル
  • G80-3600LXCシリーズ ホワイト 英語配列モデル
 サイズは、精度に厳格な基準を設ける独チェリー社製キーボードを新たに2シリーズ発売した。「G80-3600LYC」シリーズと「G80-3600LXC」シリーズで、それぞれ日本語109配列モデルと英語104配列モデルを選べる。価格はオープンで、予想実売価格はG80-3600LYC シリーズが11,980円、G80-3600LXCシリーズが10,980円。カラーはブラックとホワイトの2色を用意。

 両製品は、特殊表面処理を施した専用キートップを採用し、指先に絹のような質感をもたらしているという。また、複数のキーが同時に押打されたときに、そのキー全てを読取れる「Nキーロールオーバー」に対応(USB接続の場合は最大6個まで)。

 G80-3600LYCシリーズは、押し下げ圧が緩やかに上昇する滑らかなタッチを実現するチェリー社新型のMXスイッチ「赤軸」を採用。スイッチング動作の感触を限りなくゼロにし、軽快感を高めているという。 

 G80-3600LXCシリーズは、打鍵時にスイッチング動作が感じられるチェリー社独自のMXスイッチ「茶軸」を採用。確実で軽快なリズムの打鍵感を望むユーザー向けに設計されている。

 両シリーズとも対応OSは、Windows Vista/XP/2000。インターフェースはPS/2、USB2.0/1.1。本体サイズは、幅468×高さ40×奥行き195m。キーピッチは19mm、キーストロークは4±0.5mm。ケーブル長は170cm。
《近藤》

関連ニュース

page top