6〜66型の画面を投影できる世界最小・最軽量クラスのポータブルプロジェクタ | RBB TODAY

6〜66型の画面を投影できる世界最小・最軽量クラスのポータブルプロジェクタ

IT・デジタル その他

Optoma pocket projector
  • Optoma pocket projector
  • 使用イメージ
 オーエスは11日、世界最小・最軽量クラスの米Optoma製ポータブルプロジェクタ「Optoma pocket projector(オプトマ ポケットプロジェクタ) 」(型番:PK101)を発表。12月1日よりアップルストアで先行販売、12月19日から一般販売する。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円未満。

 同製品は、携帯電話並みのミニサイズと120gの軽量ボディの超小型DLPTMポケットプロジェクタ。インターフェースにコンポジットビデオの出力機能を備え、iPodなどの携帯AV端末やビデオカメラ、デジタルカメラの画像や動画を楽しめる。また、三脚を使用することで、自由な投写ポジションが可能。ストラップホルダーも備える。

 輝度は10ルーメン、コントラスト比は1,000:1。投写距離は0.15〜2.63mで、投写サイズは6〜66型に対応する。そのほか、高原にはLEDランプを採用し、寿命は20,000時間としている。

 スピーカーは0.5W×1。バッテリはリチウムイオン充電池で、連続再生時間は約2時間。本体サイズは幅51×高さ17×奥行き105mm。付属品は電源用ミニUSBケーブル/ACアダプタ/コンポジットケーブル/ミニ三脚用ブラケット/ソフトケースなど。

 なお、アップルストアでは11月21日よりオンライン予約を開始する。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top