日産自動車とNTTドコモとシャープ、世界初の「インテリジェントキー搭載ケータイ」を開発 | RBB TODAY

日産自動車とNTTドコモとシャープ、世界初の「インテリジェントキー搭載ケータイ」を開発

 日産自動車、NTTドコモ、シャープの3社は24日、日産の乗用車用インテリジェントキーの機能を携帯電話に搭載した「インテリジェントキー搭載ケータイ」を発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
インテリジェントキー搭載ケータイ
  • インテリジェントキー搭載ケータイ
  • マーチ
 日産自動車、NTTドコモ、シャープの3社は24日、日産の乗用車用インテリジェントキーの機能を携帯電話に搭載した「インテリジェントキー搭載ケータイ」を発表した。インテリジェントキー搭載の携帯電話開発は世界初とのこと。

 日産のインテリジェントキーは、2002年の同社製乗用車「マーチ」への搭載を皮切りに、これまで幅広い車種に採用されてきており、すでに95万台以上が出荷されている。キーを携帯するだけで、ドアの施錠・解錠およびエンジン始動・停止をワイヤレスで可能とするものだ。

 今回新開発されたインテリジェントキー搭載ケータイは、日産とシャープによるインテリジェントキー電子素子の小型組み込み技術、ワイヤレス交信性能技術、各機能間での電磁環境両立性(Electromagnetic Compatibility)技術の確立によって、実現可能となったとのこと。ドコモが携帯電話とインテリジェントキーの連携を想定した商品性のシミュレーションを、シャープがインテリジェントキー搭載携帯電話のハードウェア開発を、日産が携帯電話へのインテリジェントキー内蔵化の技術支援と車両適合開発をそれぞれ担当した。

 なお、「インテリジェントキー搭載ケータイ」は、「CEATEC JAPAN 2008」(9月30日〜10月4日@幕張メッセ)に出展され、各社のブースにて展示とデモンストレーションが行われる予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top