ソニー、新開発の高画質回路を搭載したプレステージモデルと、エントリーモデルの2製品のBDプレーヤー | RBB TODAY

ソニー、新開発の高画質回路を搭載したプレステージモデルと、エントリーモデルの2製品のBDプレーヤー

IT・デジタル レコーダー

BDP-S5000ES
  • BDP-S5000ES
  • BDP-S350
 ソニーは3日、新開発の高画質回路「CREAS(クリアス)」を搭載したBlu-ray Discプレーヤー「BDP-S5000ES」と、エントリーモデルの「BDP-S350」を発表。ともに12月6日より販売する。価格は、S5000ESが294,000円、S350はオープンで予想実売価格が45,000円前後。

 S5000ESが搭載するCREASは、デジタル放送やBlu-ray Discソフトなどの8ビット(256階調)のハイビジョン信号を64倍の14ビット(16,384階調)で生成し、鮮鋭感や立体感にあふれる高階調映像を生み出す。

 また、Blu-ray Disc読み取り機構に新開発の高精度プレシジョンドライブHDを採用。静粛性を高めるほか、埃などの侵入や電磁ノイズを防止し、ディスク回転中の不要な振動も抑えるという。ほかにもさまざまな高画質・高音質再生技術を結集したプレステージモデルとなっている。

 S350はエントリーモデルながらも高画質を追求し、「24p True Cinema」機能を搭載。映画のオリジナルフィルムと同様に毎秒24コマのプログレッシブハイビジョン映像(24p)を収録したBlu-ray Discソフトに対応。HDMIケーブルで接続すれば、24p映像の映画本来の質感で映像を楽しめるという。音質面でも「Dolby True HD」に対応。HDオーディオデコード非対応のアンプに接続しても、高精細な音でサラウンドも可能だという。

 S5000ESとS350の共通の特徴としては、「BD-LIVE」に対応していること。インターネットに接続したBlu-ray Discプレーヤーを通じて、最新の予告編やBD-LIVEだけの特典映像などを視聴/ダウンロードできるインタラクティブ機能となっている。

 そのほかのおもな仕様は以下のとおり。

●S5000ES
・再生可能メディア(ビデオ):BD-ROM/-RE/-R、DVD(AVCHDフォーマット)、DVD-video/+RW/+R/-RW/-R/-R DL(2層)/+R DL(2層)/-RW(CPRM)/-R(CPRM)
・再生可能メディア(フォトJPEG):BD-RE/-R、DVD+RW/+R/+R DL/-RW/-R/-R DL(2層)、CD-RW/-R
・再生可能メディア(オーディア):CD、DTS-CD、CD-RW/-R(CD-DA)
・インターフェース:HDMI(1080/24p対応、金メッキ)、コンポーネント映像出力(真鍮削り出し/ワイドピッチ)、D端子(D1/2/3/4、金メッキ)、コンポジット映像出力(金メッキ)、S映像出力(金メッキ)、LAN端子など
・本体サイズ:幅430×高さ125×奥行き365mm
・重さ:10kg

●S350
・再生可能メディア(ビデオ):BD-ROM/-RE/-R、DVD(AVCHDフォーマット)、DVD-video/+RW/+R/-RW/-R/-R DL(2層)/+R DL(2層)/-RW(CPRM)/-R(CPRM)
・再生可能メディア(フォトJPEG):BD-RE/-R、DVD+RW/+R/+R DL/-RW/-R/-R DL(2層)、CD-RW/-R
・再生可能メディア(オーディア):CD、DTS-CD、CD-RW/-R(CD-DA)
・インターフェース:HDMI(1080/24p対応)、コンポーネント映像出力、D端子(D1/2/3/4)、コンポジット映像出力、S映像出力、LAN端子など
・本体サイズ:幅430×高さ60×奥行き220mm
・重さ:2.9kg
《近藤》

関連ニュース

特集

page top