Yahoo!とGoogleの提携は違法では?——米Microsoft、議会で証言 | RBB TODAY

Yahoo!とGoogleの提携は違法では?——米Microsoft、議会で証言

 15日(現地時間)、米Microsoftは、Yahoo!とGoogleが進めている業務提携について、上院司法委員会のアンチトラスト(独占禁止法)小委員会と下院のアンチトラスト作業部会で証言を行った。

ブロードバンド その他
 15日(現地時間)、米Microsoftは、Yahoo!とGoogleが進めている業務提携について、上院司法委員会のアンチトラスト(独占禁止法)小委員会と下院のアンチトラスト作業部会で証言を行った。

 証言は、同社上級副社長であるBrad Smith氏が行い、2社の提携は、インターネットの広告市場において、ユーザーの選択肢は狭めプライバシーに対する懸念を生み、競争と革新を阻害しかねないとしている。

 Brad Smith氏は、

 「もし、検索がインターネットへの出入り口だとしたら、今回の提携はGoogleをその所有者とし、そこを通過する情報のすべても所有することになる。テレビ、新聞、出版などの広告市場の歴史において、ひとつの企業が、価格の90%以上を制御できる立場に立ったことなどない。これはインターネットにおいてあるべき姿ではない。また、Yahoo!が、この提携において800万ドルもの収益が追加されるということなら、高い広告をYhaoo!から買わなければならないということだ。」

と述べ、以下4点についての懸念を表明した。

1.今回の提携は、インターネット広告市場の90%以上に対して、Googleに例のない支配力を与えることになる。

2.広告主にとっては、Googleとビジネスするしか残されず、選択の幅を狭めることになるだろう。

3.広告費の上昇につながる。

4.検索市場を支配することで、プライバシー問題にも重大な懸念が生じる。

 なお、プライバシー問題については、「もしGoogleが検索市場を支配することになれば、個人のオンライン活動はすべて把握され、もはや議会は連邦制定のプライバシーポリシーを必要としなくなるだろう。そのとき、国家のプライバシーポリシー、つまりGoogleのプライバシーポリシーがあるからだ。」と皮肉っている。

 証言に先立つ12日、Microsftとアイカーン氏は共同で、Yahoo!の検索エンジン部門の買収を提案していたが、同日Yahoo!はこれを拒否している。さらにMicrosftは、拒否した内容は、同社からの提案によるものとする反論をしている。
《中尾真二》

特集

page top