ソニー、ライブビュー機能搭載のエントリー向けデジタル一眼「α300」——実売70,000円 | RBB TODAY

ソニー、ライブビュー機能搭載のエントリー向けデジタル一眼「α300」——実売70,000円

 ソニーは7日、デジタル一眼レフカメラ「α」シリーズの新ラインアップとして、「クイックAFライブビュー」機能を搭載するエントリーモデル「α300」(型番:DSLR-A300)を発表した。カラーはブラックのみ。価格はオープンで、予想実売価格は70,000円前後。7月17日発売。

IT・デジタル デジカメ
DSLR-A300K(ブラック)
  • DSLR-A300K(ブラック)
  • DSLR-A300K(シルキーゴールド)
  • 本体背面
 ソニーは7日、デジタル一眼レフカメラ「α」シリーズの新ラインアップとして、「クイックAFライブビュー」機能を搭載するエントリーモデル「α300」(型番:DSLR-A300)を発表した。カラーはブラックのみ。価格はオープンで、予想実売価格は70,000円前後。7月17日発売。また、ズームレンズ(DT 18-70mm F3.5-5.6)付きの「α300ズームレンズキット」(型番:DSLR-A300K)もあわせて発売する。カラーはブラックのほかにシルキーゴールドを用意する。予想実売価格は80,000円。

 α300は、ディスプレイを見ながら撮影できる「クイックAFライブビュー」機能を搭載するレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ。ディスプレイは下向き40度/上向き130度に可動する2.7型液晶を採用し、自由なアングルで撮影を行える。主な機能として、シャッター速度に換算して約2.5〜3.5段分の補正効果があるという「ボディ内蔵手ブレ補正」や、ワンプッシュで遠くの被写体を1.4倍〜2倍の大きさで撮影できる「スマートテレコンバーター」などの機能を搭載。そのほか、撮影シーンに応じて明るさ・階調を自動補正する「Dレンジオプティマイザー」、CCD表面のゴミやホコリを除去するアンチダスト機能などを装備する。

 撮像素子は有効1,020万画素のAPS-Cサイズ/原色フィルター付きCCDで、手ブレ補正はイメージセンサーシフト方式。シャッター速度は1/4,000〜30秒で、連続撮影はファインダー使用時が最高約3コマ/秒、ライブビュー時は最高約2コマ/秒。ISOは3,200〜100に対応。画像処理エンジンはBIONZを搭載する。
 
 記録メディアはコンパクトフラッシュTYPEI/II、マイクロドライブ/メモリースティックデュオ/メモリースティックPROデュオ/メモリースティックPRO-HGデュオ。電源は充電式バッテリで、撮影可能枚数はファインダー使用時で約730枚、ライブビュー時は約410枚。本体サイズは幅130.8×高さ98.5×奥行き74.7mm。重さは約582g。
《花》

関連ニュース

特集

page top