東京大学、Live@eduと連携する教育支援ソフトウェア2本の無償配布を7月末より順次開始 | RBB TODAY

東京大学、Live@eduと連携する教育支援ソフトウェア2本の無償配布を7月末より順次開始

 東京大学は、2006年4月にマイクロソフトにより東京大学に設置された「マイクロソフト先進教育環境寄付研究部門」において、マイクロソフトの教育機関向けオンラインサービス「Live@edu」と連携した教育支援ソフトウェア「MEET eJournalPlus」、

ブロードバンド その他
「MEET eJournalPlus」
  • 「MEET eJournalPlus」
  • 「MEET BorderlessCanvas」
 東京大学は、2006年4月にマイクロソフトにより東京大学に設置された「マイクロソフト先進教育環境寄付研究部門(MEET: Microsoft chair of Educational Environment and Technology)」において、マイクロソフトの教育機関向けオンラインサービス「Live@edu」と連携した教育支援ソフトウェア「MEET eJournalPlus」、および「MEET BorderlessCanvas」の無償配布を7月末より順次開始する。また、東京大学の授業内でも10月以降に同ソフトウェアが活用される予定だ。

 マイクロソフト先進教育環境寄付研究部門は、講師と学生、および学生同士でのインタラクティブな学習環境を創造することで、学習者が主体性を持つことのできる「課題発見型教育」の実現を目指すもの。MEET eJournalPlusは、マイクロソフトのXPS文書を用いて、批判的読解を高める学習を支援するソフトウェアで、Live@eduによるアカウントの管理や、Windows Liveスペースとの連携を通じて、相互コメント・議論による協調学習が可能だ。7月末より無償配布が開始される。

 MEET BorderlessCanvasは、複数のディスプレイ、複数のタブレットPC環境の教室で柔軟に活用できる汎用プレゼンテーションシステムで、聴衆とインタラクティブに知識を出し合う協調的プレゼンテーションの実現を目指すものだ。2009年春より無償配布を開始する。

 いずれのソフトウェアも対応OSはWindows Vista/XP。.NET Framework 3.5を必要とする。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top