“7つの事件”を体験し、ウェブサイトを守り抜け!〜IPA、ゲーム感覚で学習できるソフトを公開 | RBB TODAY

“7つの事件”を体験し、ウェブサイトを守り抜け!〜IPA、ゲーム感覚で学習できるソフトを公開

ブロードバンド その他

スタート画面
  • スタート画面
  • 主人公情報入力画面
  • シナリオ進行画面
  • 行動選択画面
  • エンディング画面の例
  • 補足コンテンツ画面
  • 「知っていますか?脆弱性」表示画面
  • 修了証の表示画面
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は18日に、ウェブサイト運営上の事件を体験的に学習できるソフトウェア「安全なウェブサイト運営入門—7つの事件を体験し、ウェブサイトを守り抜け!—」を公開した。

 「安全なウェブサイト運営入門」は、ウェブサイトの脆弱性による被害を中心とした7つの具体的な事件を題材に、ロールプレイング形式で体験的に学習できるゲーム感覚のソフトウェア。事件や事故が発生した場合の被害を理解し、事前対策の必要性を学ぶことができるということで、「電子メールの誤送信」「クロスサイト・スクリプティング」「SSL(Secure Socket Layer)サーバ証明書の期限切れ」「ウイルス感染」「サービス運用妨害 (DoS: Denial of Service)」「セッション管理の不備」「SQL(Structured Query Language)インジェクション」の7つが題材となっている。

 IPAでは、「組織のウェブサイト運営者、情報システム担当者、セキュリティ担当者、また一般利用者等に広く活用され、それぞれの情報セキュリティに関する意識、知識の底上げにつながることを期待する」としている。

 動作環境はWindows XP SP2 または Windows Vista、1.3GHz以上のCPU、メモリ512MB以上、300MB以上の空き容量のあるHDD、Microsoft DirectX 3 以降、Adobe Flash Player 8 以降が必要となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top