ウィルコム、医療用PHS端末・サービスの開発に着手〜「PHS研究会」をどこカル.ネットと共同で立ち上げ | RBB TODAY

ウィルコム、医療用PHS端末・サービスの開発に着手〜「PHS研究会」をどこカル.ネットと共同で立ち上げ

 特定非営利活動法人日本サスティナブル・コミュニティ・センターの健康・医療・福祉分野情報化プロジェクト「どこカル.ネット」とウィルコムは21日に、医師・看護師また医療分野の有識者で構成される「PHS研究会」を6月に共同で立ち上げることを発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
 特定非営利活動法人日本サスティナブル・コミュニティ・センターの健康・医療・福祉分野情報化プロジェクト「どこカル.ネット」とウィルコムは21日に、医師・看護師また医療分野の有識者で構成される「PHS研究会」を6月に共同で立ち上げることを発表した。

 PHSは低電磁波という特長があり、精密な医療機器などへの影響が少ないことが評価され、現在、全国約4,000以上の医療・福祉機関の通信手段として活用されている。さらなる医療現場でのモバイル通信環境の充実を図り、医療サービスの向上に貢献するため、医療用PHS端末・サービスを開発するのがPHS研究会の目的となる。

 本研究会は、医療機関の情報化を目的とする「どこカル.ネット」が主体として立ち上げを行うことで、利用者の立場に立ったPHS端末・サービスの開発が行えるとしており、検討の結果は報告書としてまとめ、各医療機関に向けて広く提案していくとのこと。

 ウィルコムは、WILLCOM SIM STYLEによる開発コストの低廉化、開発期間の短縮化、少ロットからの開発といった特長を生かし、研究会での検討結果を製品化することで、医療機関のICT化に積極的に取り組んでいきたいとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top