シグマ、コンパクトな18-125mmズームレンズ——手ブレ補正搭載 | RBB TODAY

シグマ、コンパクトな18-125mmズームレンズ——手ブレ補正搭載

IT・デジタル デジカメ

18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM
  • 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM
 シグマは16日、手ブレ補正機構を搭載したコンパクトなデジタル専用高倍率ズームレンズ「18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM」を発表。5月30日に発売する。価格は49,000円。

 同レンズは全長88.5mm、最大径74mmのコンパクト化を実現。約4段分の手ブレ軽減効果を発揮する手ブレ補正機構を搭載する。

 特殊低分散ガラス1枚、グラスモールド非球面レンズ1枚、ハイブリット非球面レンズ2枚を採用し、諸収差を良好に補正。また、スーパーマルチレイヤーコートを装備。フレア・ゴーストの発生を軽減する。

 そのほか、HSM搭載により、AFスピードの高速化と静粛性を達成している。対応カメラメーカーはシグマ/キヤノン/ニコン/ペンタックス/ソニー。花形フード(LH730-02)が付属する。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top