英Air Semiconductor、超低消費電力で駆動するデジカメ向けジオタグソリューション「Airwave 1」 | RBB TODAY

英Air Semiconductor、超低消費電力で駆動するデジカメ向けジオタグソリューション「Airwave 1」

 英Air Semiconductorは12日、2007年1月に発表された、GPSチップによるジオタグソリューション「Airwave 1」向け技術がラボ・テストに合格し、同技術をベースとしたデジタルカメラ向けAirwave 1が本年中にサンプル出荷される予定だと発表した。

エンタープライズ その他
 英Air Semiconductorは12日、2007年1月に発表された、GPSチップによるジオタグソリューション「Airwave 1」向け技術がラボ・テストに合格し、同技術をベースとしたデジタルカメラ向けAirwave 1が本年中にサンプル出荷される予定だと発表した。

 Airwave 1は、写真が撮影された瞬間に位置情報のタグをデジタル・カメラに埋め込むことを可能とするもので、現在のGPSソリューションの1%にあたる1mAという超低消費電力で駆動するため、カメラの電源がオフの状態でも測位やスタンバイができる。他社製GPSソリューションが抱える初期位置算出時間(TTFF)の問題が発生しないのも特徴のひとつだ。また、位置座標を継続的に生成できるため、GPSを用いた屋内測位ソリューションを実現するほか、Airwave 1チップには無線/デジタル・ハードウェア、および位置情報を計算するのに必要なソフトウェアのすべてが含まれている。

 同社によると、現在日本のカメラメーカーと折衝が行われており、2009年後半に製品化を目指すとしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top