OKI、NTT-Com汐留オフィスビルにIPテレフォニーシステムを納入 | RBB TODAY

OKI、NTT-Com汐留オフィスビルにIPテレフォニーシステムを納入

 沖電気工業は21日、同社のIPテレフォニーサーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100」をベースとしたIPテレフォニーシステムをNTTコミュニケーションズ汐留オフィスビルに納入した。

エンタープライズ その他
NTT Com向け 企業内IPセントレックスシステム機器構成図
  • NTT Com向け 企業内IPセントレックスシステム機器構成図
 沖電気工業は21日、同社のIPテレフォニーサーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100」をベースとしたIPテレフォニーシステムをNTTコミュニケーションズ汐留オフィスビルに納入した。

 今回納入されたシステムは、データセンターにIP CONVERGENCE Server SS9100を設置し、モバイル端末としてNTTドコモのFOMA/無線LANデュアル端末「N902iL」が配備されている。また、ウィルコムのPHS端末を沖電気工業製のIP対応構内PHS基地局「IP-CS」と接続することで外出先では050番号、内線ではIP電話が利用できるNTTコミュニケーションズのモバイルIP電話サービス「.Phone Ubiquitous」が利用可能だ。さらに、情報システム部門を中心に「Com@WILLソフトフォン」やWebブラウザからのクリック発信が可能な「Com@WILLアシスタント」などのアプリケーションを試験的に導入している。

 無線LANは、アルバネットワークス製のモビリティ・コントローラ「Aruba 6000」と無線アクセスポイント「Aruba 65」が設置されている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top