ネットワールド、米TransitiveのSolaris 10用クロスプラットフォーム仮想化ソフトウェア | RBB TODAY

ネットワールド、米TransitiveのSolaris 10用クロスプラットフォーム仮想化ソフトウェア

 ネットワールドは4日、米TransitiveのSolaris 10用クロスプラットフォーム仮想化ソフトウェア「QuickTransit for Solaris/SPARC-to-Solaris/x86-64」の提供を開始した。価格はオープンで、年間ライセンスと無期限ライセンスが用意されている。

エンタープライズ その他
 ネットワールドは4日、米TransitiveのSolaris 10用クロスプラットフォーム仮想化ソフトウェア「QuickTransit for Solaris/SPARC-to-Solaris/x86-64」の提供を開始した。価格はオープンで、年間ライセンスと無期限ライセンスが用意されている。

 QuickTransit for Solaris/SPARC-to-Solaris/x86-64は、Solaris/SPARC上のアプリケーションを変更することなくx64/x86ベース・システムで稼働させられるというもので、米・Sun Microsystemsの「Solaris Ready Logo」認定を取得している。また、オープンソースのSolaris用アプリケーションにも対応し、x64/x86ベース・システムへ移行した従来のアプリケーションへのOpenSolaris用アプリケーションの追加も可能だ。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top