マイクロソフト、小規模公共機関向けの新ライセンスプログラムを4/1より提供〜PC保有台数250台未満 | RBB TODAY

マイクロソフト、小規模公共機関向けの新ライセンスプログラムを4/1より提供〜PC保有台数250台未満

ブロードバンド その他

 マイクロソフトは4月1日より、PC保有台数250台未満の政府・公共機関を対象に、永続ライセンスである「マイクロソフト オープンバリュー フォー ガバメント」と非永続ライセンスである「マイクロソフト オープンバリュー サブスクリプション フォー ガバメント」を特別価格で提供開始する。販売価格はオープン価格。

 これにあわせ、マイクロソフトでは日本でのみ「マイクロソフト エンタープライズ アグリーメント フォー ガバメント」において、保有台数に応じて、AからDまで(A:250〜2,399台、B:2,400台〜5,999台、C:6,000〜14,999台、D:15,000台以上)の4つの価格レベルを提供してきたが、「マイクロソフト エンタープライズ アグリーメント フォー ガバメント オーガナイゼーションズ」に名称変更し、全世界での公式プログラムとし、台数にかかわらず一律レベルDの固定制とするとのこと。

 これらのライセンスプログラムでは、さまざまな特典を持つ総合メンテナンス プログラム「ソフトウェアアシュアランス」を標準で付加しており、導入政府・公共機関においては、導入計画やスタッフのトレーニング、製品サポート、ソフトウェア アップグレードなどのソフトウェア アシュアランスの特典を利用可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top