【スピード速報】首都圏と地方のアップ速度差が縮み、速度パターンも似てきた | RBB TODAY

【スピード速報】首都圏と地方のアップ速度差が縮み、速度パターンも似てきた

ブロードバンド その他

横軸は時間帯、縦軸は平均アップロード速度(Mbps)。全時間帯において首都圏が地方の2倍前後の速度だが、この1年で時間帯別速度パターンが似通ってきた
  • 横軸は時間帯、縦軸は平均アップロード速度(Mbps)。全時間帯において首都圏が地方の2倍前後の速度だが、この1年で時間帯別速度パターンが似通ってきた
【スピード速報】はhttp://speed.rbbtoday.com/の1週間分の計測データをもとに各種の統計データを速報でお伝えする。このサイトはIXに計測専用サーバを置き、月間計測数は40万を超え、統計データとしても十分な精度と信頼性を持っている。

 今回は2008年3月11日〜17日の測定データを用いて、最新の手法によりIPアドレス等を用いた発信地解析を行い、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の1都3県(首都圏)とそれら以外の43道府県(地方)に分けて、時間帯別の平均アップロード速度を算出した。また、昨年同時期の記事「地方の時間帯別アップロード速度は安定型、首都圏はピークで2倍の差」で紹介した2007年3月20日〜26日のデータと比較した。

 図を見ての通り、各時間帯において首都圏が地方の1.3〜2.2倍の速度を記録した。しかし、首都圏の最速である5時台の31.2Mbpsは地方の最速(16.6Mbps)の2倍を下回っている。昨年同時期の2.7倍近い大差(首都圏最速=36.4Mbps、地方最速=13.5Mbps)に比べると、その差が大きく改善されていることがわかる。

 そして、首都圏と地方で最速時間帯と最遅時間帯がほとんど同じ結果となった。最速はどちらも未明の5時台であり、最遅は夕方で首都圏は17時台、地方は16時台である。昨年同時期の首都圏最速は4時台、地方最速は19時台と全く異なっていたことと比較すると興味深い。また、昨年同時期の首都圏に見られた時間帯による激しい速度差はかなり緩和されており、逆に地方の時間帯速度差が広がっている。

 以上から、この1年で首都圏と地方の時間帯別速度パターンが似通ってきたと言えよう。社会インフラにおける首都圏と地方の差が縮まりつつあるように、インターネットの速度においても少しずつ格差が解消されているかもしれない。

 なお、今回はテーマを明確化するために、首都圏と地方に分けてまとめたが、地方の中には高速で知られる愛知県や大阪府も含まれており、反対に平均速度を大きく下回る県も多くある。単なる平均速度では見えなくなりやすい格差=スピードデバイトを、今後もいろいろな角度から分析していこう。
《平野正喜》

関連ニュース

特集

page top