KDDIとナビタイム、愛知県豊田市の歩行者用移動支援プロジェクトの実証実験に参画 | RBB TODAY

KDDIとナビタイム、愛知県豊田市の歩行者用移動支援プロジェクトの実証実験に参画

エンタープライズ その他

サービスイメージ
  • サービスイメージ
 ナビタイムジャパン、KDDI、沖縄セルラーは28日より3月8日まで、「NAVITIME」「EZナビウォーク」を活用した「豊田自律移動支援プロジェクト実証実験」に参画する。

 「豊田自律移動支援プロジェクト実証実験」は愛知県豊田市駅周辺約2km四方の対象エリア内にて、「健常者」「車椅子」「ベビーカー」に特化した歩行者用ルートネットワークを構築して、段差や道幅を考慮した歩行者ルートの検索と、GPS携帯電話による音声ナビゲーションを行うもの。該当エリア内の段差、幅員、階段、エレベーター、エスカレーターなどの詳細な歩行者用ルートのネットワークを構築し、該当エリア内にある目的地までの歩行者用ルートを検索可能にする。

 「NAVITIME」および「EZナビウォーク」の専用メニューから遷移すると、該当エリア内にある店舗や施設を一覧から選択でき、エリア内の任意の場所または他エリアの駅から選択された目的地までの徒歩や電車を利用したルートを検索することができる。徒歩ルート案内では、「健常者」「車椅子」「ベビーカー」のルートを選択することができ、階段やエスカレーター、道幅の狭い道路などを避けたルートを案内するという。

 本実験実施期間中は、対応機種となるW4x、W5x、W6xシリーズを持っていれば実験に参加可能。運営事務所の豊田市ITS情報センター「みちナビとよた」(豊田市若宮町1-1 TM若宮ビル1階) にて実験内容を紹介したパンフレットやアンケートも配布されている。

 専用メニューから本実験に参加した場合、実験エリア内店舗までのルート検索と音声ナビゲーションは情報料無料で利用可能だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top