Yahoo! JAPANリニューアルで「トピックス」利用者が260万人増〜ニールセン・オンライン調べ | RBB TODAY

Yahoo! JAPANリニューアルで「トピックス」利用者が260万人増〜ニールセン・オンライン調べ

ブロードバンド その他

Yahoo!検索、カテゴリ、ニュースの利用者数の変化
  • Yahoo!検索、カテゴリ、ニュースの利用者数の変化
  • カテゴリ検索への流入経路の変化
  • 国別カテゴリ検索の利用度:Yahoo! JAPANのみカテゴリ検索が突出している。PVでGoogleに勝る日本独特の現象といえる
 ネットレイティングスは25日、ニールセン・オンライン提供のインターネット利用動向調査「NetView」の2008年1月データを分析、調査結果を発表した。それによると、1月1日にトップページを全面リニューアルした「Yahoo! JAPAN」のニュースや検索の利用パターンに変化のあることが明らかになった。

 「Yahoo! JAPAN」のリニューアルでは、従来右側にあったニュースの見出しが、画面中央に移動し記事数も増加した。この結果、全体の利用者数はほとんど変化がないにもかかわらず、トップページから誘導される「Yahoo!ニュース トピックス」(dailynews.yahoo.co.jp)について、前月比260万人(13.6%)増加となったという。個別の記事や写真・動画ニュースの掲載されている「Yahoo!ニュース ヘッドラインサービス」(headlines.yahoo.co.jp)も128万人(7.3%)増加となった。

 一方、1996年のYahoo! JAPAN開設以来トップページに掲載されていた「登録サイトの個別ディレクトリへのリンク」がなくなったことにより、トップページ経由の「Yahoo!カテゴリ」利用者数は242万人から44万人に激減した。ただし、「検索結果ページ」(search.yahoo.co.jp)や「ニュースページ」(dailynews.yahoo.co.jp, headline.yahoo.co.jp)のリンクからの流入が大幅増加し、「Yahoo!カテゴリ全体」の利用者は2.2%増となる912万人となった。

 ネットレイティングス代表取締役社長兼ニールセン・オンラインチーフアナリストの萩原雅之は「ここ数年、キーワードによるページ検索が一般化するに従い、ディレクトリによるサイト検索の利用は徐々に減少していました。今回トップページからディレクトリ表示がなくなることで、利用者の減少に拍車がかかると予想していましたが、根強い需要があるようです。もともとYahoo! は登録サイトのディレクトリ検索からスタートしたポータルであり、日本では現在も毎日数百のサイトが新規登録されています。欧米では失われたその伝統と資産は、他ポータルが真似できないYahoo! JAPAN 固有の強みになっています。」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top