フレパーとオムロン、コンシューマ回線を利用したデータバックアップストレージサービス | RBB TODAY

フレパーとオムロン、コンシューマ回線を利用したデータバックアップストレージサービス

エンタープライズ その他

データ分散・暗号化・保管イメージ
  • データ分散・暗号化・保管イメージ
  • データ再生イメージ (通常時・災害時)
 フレパー・ネットワークスとオムロンソフトウェアは6日、コストパフォーマンスとセキュリティに優れたデータバックアップストレージサービスの提供と販売で協業すると発表した。

 同サービスは、フレパー・ネットワークスの広域分散化技術によるファイル暗号化通信と多重化保存、オムロンソフトウェアのTCP暗号化技術という両社独自の技術を組み合わせることにより、企業の複数の支店や事業所の余剰スペースにPCレベルのサーバを設置し、高額な専用線ではなく100Mbpsのコンシューマ回線を利用してデータのバックアップを行うというもの。複数箇所にデータが分散格納されるために災害時やハードウェア故障などの事故時でもデータが保全されるほか、端末間全経路の自動暗号化を行うことでセキュリティを高めている。
《富永ジュン》

関連ニュース

page top