松下、「監視映像長期バックアップシステム」が最大640台の監視カメラ、768TBのテープ容量に対応 | RBB TODAY

松下、「監視映像長期バックアップシステム」が最大640台の監視カメラ、768TBのテープ容量に対応

エンタープライズ その他

システム構成図
  • システム構成図
 松下電器産業は25日、企業向けセキュリティソリューションのパッケージソフトウェア「監視映像長期バックアップシステム」のバージョンアップを行った。価格はオープン。

 監視映像長期バックアップシステムは、同社製ネットワークディスクレコーダー(NDR)とサーバシステムを組み合わせることにより、多数拠点に設置した監視映像を操作不要でIPネットワークでセンターに転送し、一元的にテープ装置に自動保存するソリューション。今回のバージョンアップにより、従来は128台だった監視カメラ台数が最大640台、従来は134TBだったテープ保存容量は768TBへと拡大された。

 同社では、年間15本の出荷を予定している。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top