ヌードシーンも話題に。南野陽子が芸者役を体当たりで熱演「寒椿」 | RBB TODAY

ヌードシーンも話題に。南野陽子が芸者役を体当たりで熱演「寒椿」

エンタメ その他

「寒椿」の1シーン
  • 「寒椿」の1シーン
  • 「寒椿」の1シーン2
  • 「寒椿」の1シーン3
 ブロードバンド放送GyaOでは、南野陽子が主演の芸者役を体当たりで熱演した映画「寒椿」の配信を開始。濃厚なからみもあり、ナンノが重厚な人間ドラマに挑戦した意欲作だ。

 「寒椿」は、「鬼龍院花子の生涯」などでおなじみの宮尾登美子の原作を、巨匠・降旗康男が映画化した作品。昭和初期の色街を舞台に、男と女が織り成す愛と侠気の世界を描いた人間ドラマだ。当時アイドルだった南野陽子が薄幸の芸者・牡丹を体当たりで演じ、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。西田敏行、高嶋政宏、かたせ梨乃などの脇を固める俳優陣もそれぞれ情感豊かに演じている。

 貞子(南野陽子)は女衒の岩伍(西田敏行)に買われ、西日本一と謳われた高知の妓楼「陽暉楼」へ身売りされる。「牡丹」という源氏名がつけられた貞子は、たちまち一番の売れっ子になった。岩伍はそれを我がことのように喜ぶが、貞子は岩伍を恋慕うがゆえに売れっ子になるほど苦しむ。そんな時、牡丹に熱い想いを寄せるヤクザ、仁王山(高嶋政宏)が現れて……。

  同作は、コンテンツポータルShowTimeが実施する東映の名作が常時70本見放題のマンスリーパック「Movie Circus PLUS」のサービス開始記念第13弾として配信されるもの。「Movie Circus PLUS」は、月額1,680円で東映の現代劇、時代劇、アニメ、特撮が70本見放題のサービスだ。
《》

関連ニュース

特集

page top